もっと利益を増やせるように

安全に購入してもらえるよう

表示しなければいけない

食品表示法という法律があり、それに基づいて賞味期限を記載することが義務付けられています。
使っている食材の影響で、どうしても賞味期限が短くなってしまうものもあると思います。
その際は賞味期限の他に、早めに食べるよう促す記載もあるとお客さんはすぐ気づけますね。

また正しい保存方法も、パッケージに記載してください。
保存を間違えると、お客さんはおいしい状態で食品を食べられなくなってしまいます。
トラブルが起きるかもしれないので、何度以下の涼しい場所で保存するなど、具体的な方法を書いておくと安心です。
賞味期限や保存方法は、シールに印刷してパッケージに貼るのがおすすめです。
貼り忘れがないように、よく食品を確認しましょう。

アレルギーを持っている人

中には、アレルギーを持っている人もいます。
その人たちが安全に食品を購入できるように、アレルギー表示も忘れてはいけません。
アレルギーは、特定原材料に該当する7品目があります。
それらを使っている場合は、必ず表示する決まりになっているので注意してください。

特定原材料に準ずるものとして、さらに21品目があります。
こちらは、表示しなければいけないという義務はありません。
推奨されているだけですが、安全性を向上させるなら記載することをおすすめします。
安全な食品だとアピールすることが、食品の売り上げを伸ばすことに繋がります。
またどんな食材を使っているのか、栄養成分がどのくらいなのかも書いてください。
そのように表示する項目が、たくさんあります。



ページ
先頭へ